本財団と奨学生の皆さんとの対話等を通して、皆さんに留意していただきたい点を以下のように「奨学生の心得」として取り纏めました。皆さんは本「奨学生の心得」を熟読し、その趣旨を十分理解した上で、有意義な学生生活をお送りください。

奨学生の皆さんはまず勉学に専念してください。私たちは目標を持って努力するかどうかで結果に大きく差が付いてきます。私たちに求められる能力は、(1)新しいこと、より高度なことにチャレンジする精神、(2)時代の変化に対応できる創造力、(3)その為の基礎となる社会や経済に関する幅広い知識、等があげられると思います。これらを念頭において、自分自身の課題を見つけ、ぜひ、目標を高く掲げて努力していただきたいと思います。今までと異なり、大学時代の勉学は求める勉学です。与えられるのではなく、自覚と目的意識を持ち、自ら積極的に学ぶことが重要です。自らが選択し、積極的に自分自身の能力を高めることが求められるのです。
なお、本財団では同一学年に2年を超える在籍は認められません。また、皆さんの学業成績には最低条件の縛りがありますのでご注意ください。

本財団は毎年2~3回「奨学生の集い」を開催しています。これは、奨学生の皆さんの相互の交流や啓発及び冒頭述べた財団趣旨に共鳴する同士を確認する集いです。
この「奨学生の集い」には本財団奨学生以外の参加は原則として認めておりません。「奨学生の集い」に参加することは、皆さんの権利でもあり、義務でもあるのです。この「奨学生の集い」は例年9月または10月、及び3月に開催します。「奨学生の集い」の日程を確認して、必ず参加してください。

本財団は海外から日本に留学する学生及び日本人学生に奨学金を支給することとしています。無断で長期間の出国は奨学金を支給する根拠を無くすことになりますので、出国の場合は事前に当財団に届けてください。また、長期の出国は本財団の事前の承認が必要になります。

世の中のルールは組織の円滑な運営のために作られて行きます。そして、ルールは確実に守ることが求められます。本財団のルールは、人間としての基本的なマナーと常識で成り立っています。そのルールを守れない人は、人としての軽重を問われ、それまでのすべての努力が無になってしまうおそれがあります。十分な配慮と自戒を心がけてください。

まず、挨拶や返事は必ず相手に聞こえる声で、はっきりと言いましょう。これは、コミュニケーションのための基本です。2つ目は時間を守りましょう。本財団においても「奨学生の集い」の開始時間・「生活状況報告書」等の提出期限など、さまざまな時間的な制約があります。これらのルールを守れない人を皆さんはどのように評価しますか。他人から信頼される為にはまず時間を守ることが大切です。

さらに、皆さんが学ぶことを支えてくれている家族、支援してくれている財団や大学さらには友人とのかかわりに感謝し、自分自身の成長にむけて努力してください。努力は万人に与えられた公平な能力であり機会です。皆さんが着実に努力を積み重ね、実りある学生生活を送られることを期待しています。

皆さんが充実した学生生活を送るために、健康な身体と安定した衣食住を心がけましょう。初めての一人暮らしは、不規則な生活になりがちです。授業時間に沿ったスケジュールの設定と規則正しい時間管理が必要です。また、不衛生な住環境は、意欲を失う原因にもなりますので、清潔な衣住環境を保つよう心掛けてください。

本財団は国立大学の場合はアルバイトをしなくてもよい水準に奨学金を設定しています。私立大学等の場合で、やむを得ず学業を継続するためにアルバイトに従事しなければならない時は、自己の時間管理に十分注意して、学業がおろそかにならないようにしてください。

地域住民の一人として、火気と騒音、ゴミの分別処分などには十分に気を配ってください。また、いかなる場合でも、自らの行為には自らが責任をとるのが社会のルールです。自律した姿勢で生活を送ってください。
当然のことですが、社会的に許されない行為を行った奨学生は、本財団では厳しい姿勢で対処します。

以上の状況を定期的に本財団に連絡するために「生活状況報告書」を2カ月毎(各奇数月末まで)に当財団に送付してください。
また、住所や携帯電話番号を変更した場合は、所定の届を速やかに提出してください。これらを実行せず不利益が生じた場合の責任は、皆さん個人にあります。

「奨学生の心得」を守り、勉学や幅広い知識の習得に努力する皆さんを本財団は全力で支援しますので、皆さんの自己実現に向かって着実に前進してください。
皆さんの明るく元気で楽しい学業生活を期待しています。