マブチ国際育英財団は2005年3月に財団創設者馬渕隆一の「経済格差から生じる教育機会の格差解消こそが人類発展の基礎である」と言う設立理念に基づいて設立された奨学財団であり、向学心に溢れながらも、経済的な事情で勉学を続けることが困難な若者たちの夢への扉を開く、お手伝いをさせていただいております。

2020年に設立15年周年を迎えることになりますが、この間、 18ヶ国、300名の学生が無事に学位を取得し、巣立ってまいりました。また、現在も毎年約100名の学生に奨学金給付を継続しております。そして、2011年には新たな奨学金制度として、それぞれの母国に止まって勉学を続ける学生を支援するための、「貸与型還流式の奨学基金」を設立し、現在ベトナム、モンゴル、カンボジア各国において、計300名の学生がこの奨学金を利用しております。

今、世界は20世紀には想像もしなかった大きな変化がおきています。地球環境の悪化、資源の枯渇、ボーダーレス化した経済活動は一国で発生していた問題も世界中に波及します。また、宗教や民族間対立なども見られます。これらの困難な課題に挑んでいくためには、いったい何をしたらよいのか、ITや環境保全、新しい技術開発、医療や生命にかかわる研究、また、今後の国際社会を支える様々仕組みや制度的な枠組みづくりなど、これから先、若者に期待されることは山のようにあります。奨学生の皆さんには自らの人格を高めることが、社会にとっても意味あるものであり、人格の成長の効用は、個人だけにとどまらないと言う事を是非自覚して頂きたいと思います。

マブチ国際育英財団は、これからも創設者である馬渕隆一の「財団設立の志」を受け継ぎ、奨学生の多くが多くの人々から敬慕される人間力を備えた人間に成長できるよう、着実な運営に努めてまいる所存であります。今後とも当財団の事業に対する関係各位の倍旧のご支援、ご指導を賜わりますようお願い申し上げます。

 

亀井愼二

公益財団法人 マブチ国際育英財団
理事長 亀 井 愼 二